ぬかずだいありぃ

『今』できるライフハックを。 多様な記事と共に届ける。

ぬか的好きな曲。サカナクション『ティーンエイジ』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:nuka___2424:20190307132845j:image

こんにちは、ぬかです。

やってきました好きな曲。

またかよ、って思うかもしれませんが、好きな曲語りたいなぁと思ったので…笑

当面サカナクションonlyだと思います。

いっぱいあるんだよなぁ…笑

 

「ティーンエイジ」基本情報

2008年1月23日に発売された、NIGHT FISHINGというアルバムに収録されている。

結構前の曲ですね。

歌詞

ティーンエイジ

ティーンエイジ

  • サカナクション
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

壁は灰色 雲の影が動いた
朝が来るな
 
君が僕に見せている心の一部を
掻きむしりたいな
 
いきり立ってる 君の目の前で
石を蹴って 青くうつむいて
時が経って すぐに大人になって
さらけ出せなくなって 
もう戻れなくなって
 
草に風が吹く ざわめく僕の心
枯れてしまった
 
僕は弱さを確かめておきたいから
君が引き出してよ
 
いきり立ってる 君の目の前で
石を蹴って 青くうつむいて
時が経って すぐに大人になって
さらけ出せなくなって 
もう戻れなくなって
 
だけどまた振り返って 
何かを確かめて
苦しむフリをして 
誰かに背を向けて
読み飽きた本を読んで 
また言葉に埋もれ
旅に出たくなって 
君を思い出して
 
そうやって僕らは 繰り返してく
渦巻く未来が 呼ぶ声がする
 
いきり立って 時が経って
いきり立って 時が経って
 サカナクション‐ティーンエイジ より

感想?

感想というか、なんというか。

イントロからすでにカッコいいんですよ、この曲。

そして、入りが壁は灰色 雲の影が動いた 朝が来るな

ちょうど日の入りくらいなんですかね。いちいち表現がカッコいい。

そしてサビなんですけど、いきり立ってるって出てくるんですよ、君の目の前で。

なんか、10代特有(ティーンエイジは10代の意味)のかっこつけ?みたいなのかなと思いました。青くって部分もそれっぽい。

そんで次に、大人になって、さらけ出せなくなって、戻れなくなって…

なんか、哀愁というか、郷愁というか、それらに加えて大人になることでの不自由さもあるのかなぁ。曲も相まって、どこか寂しいような感じを受けます。

 

そして二番にはいり、草に風吹く、僕の心がザワつく、枯れてしまう。

草とかけてるんですかね、枯れる。

この枯れるって、大人になることで落ち着きを持つようになった?

それで、弱さを確かめたいから君が引き出してよ。

まだまだ大人になりたくない。子供でありたい、まだ子供でいることを確かめたい。

そしてサビに入る。

ここでちょっと変わって、だけど振り返って、何かを確かめて。

昔を思い出して、まだ自分の中にある何かを確かめている。

苦しむふりをする、読み飽きた本を読む、旅に出たくなる。

何かをすることで、自分の昔、子供だった時を忘れないように、むしろ戻るようなことをしている?

そして、それをくりかえしているけど、未来から呼ぶ声がする。

 

いきり立って 時がたって いきり立って 時がたって…

 

ここで歌は終わりで、曲のみとなっていきます。

 

まだ大人になりたくないから、昔を思い出して、子供、10代でいようとする。

でも時間は過ぎていくから、いつかその感情は置いて大人にならないといけない。

子供と大人の狭間であるティーンの葛藤をかっこよく表現しているのかな、と思いました。

最後曲だけになっているのは、そういう葛藤がまだ残っていることを表現しているようにも感じました。

 

まとめ

今回は、ティーンエイジについて語りました。

個人的にかなり好きなので、これで少しでも広まると嬉しいです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

こちらをクリックして応援して貰えると嬉しいです😆🌟✨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!