ぬかずだいありぃ

『今』できるライフハックを。 多様な記事と共に届ける。

寝過ぎなければ、昼寝は驚くべき効果をもたらす!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:nuka___2424:20190203133123j:image

適切な時間に寝ると、効果大!!

 

あなたは、昼寝をしていますか?

だらけているとか、やる気がないとか、そんなイメージがあるかもしれません。

ですが実は、昼寝をすることで起こる良いことがあるんです。

 

今昼寝の習慣がない方、必見ですよ!

これを読むことで、きっと昼寝に対してのイメージが変わり、

実践したくなるでしょう。

 

昼寝にはこんな良い効果が!

作業効率が上がる

これが昼寝をする一番のメリットでしょう。

午後って、どうしても眠くなります。

人間の体内時計は、約24時間でまわるのです。

ですが、半日で回る眠気の周期があり、

ピークが2~4時ごろに来るのです。

その前に昼寝をしてしまえば防げるわけです。

眠気が冴えてしまえばこっちのもの。

ガンガン作業できますね。

認知症予防

こういった効果もあるんです。

60分以内の昼寝であれば、アルツハイマー型認知症の発症リスクを下げることができます。さらに、30分以内であれば、5分の1まで下がるそう。

ただ、60分以上はリスクが高まるので、気を付けてください。

こうしたことでリスクが下がるなら、実践しない手はありませんね。

創造力が上がる

昼に来る眠気は、脳がつかれていることを表します。

脳の機能が低下しているんです。

そのため、昼寝をして脳を休め、回復してしまえば、

新たな発想も生まれやすくなるでしょう。

最適な時間

時間がない場合

10~20分昼寝をとれば、十分な休養になり、

意識もはっきりし、集中力も上がります。

ちょっと休みたいときや、お昼休みが少ない時などにお勧めです。

ちょっとの時間。スマホを使うより、いっそのこと寝てしまいませんか?笑

時間が取れる時

30~60分が最適。

先ほど言ったように、60分以上は、認知症のリスクが高まります。

睡眠の周期から考えても、途中でちょっと長めの睡眠を挟むことで、

眠気が起きるのを防げます。

また、この程度の時間なら、夜にねむくならない!

なんてことも無いです。

なので30~60分がおすすめです。

 

これらも、用途によって分けましょう。

軽い休憩をしたいときは10~20分。

じっくり休みたいなら30~60分。

昼寝のコツ

昼寝をする際に、気を付けること、コツを紹介します。

カフェインをとる

カフェインは、接種後15~20分で効きます。

短めの昼寝をする際は、寝る前に飲むことで、

スッキリと目覚めることができます。

寝すぎてしまうこともありません。

机の上で寝る

これは、横たわって寝るのがNG

とも言えます。理由は、深く眠りすぎてしまうから。

座った状態で、机などで寝たほうが、安定しないため、

深く眠らずに済みます。

もちろん、これでも疲れは取れますよ。

アイマスクをする

日が強すぎて、どうしても眠れない、

昼はねられない。

そんな方は、アイマスクをすれば寝ることができます。

あるのとないのとじゃだいぶ違いますね。

どうしても昼は、明かりが入ってきますから。

 

 

 

まとめ

昼寝についてまとめました。

 

昼寝をすれば、作業の効率化が計れますね。

認知症の予防になるというのは意外だったかもしれませんね。

 

この記事を読んだあなたは、昼寝をしたくなったのでは?

ぜひ試してみてくださいね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックして応援して貰えると嬉しいです😆🌟✨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ