ぬかずだいありぃ

『今』できるライフハックを。 多様な記事と共に届ける。

サカナクション『壁』という曲が好きなので、語った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:nuka___2424:20190214130350j:image

こんにちは、ぬかです。

ブログを書き始めた時から、いつか好きな曲について書きたいなぁ、と思っていました。

ブログを始めた理由も、これが入っています。ほんのちょびっとでしたけど。

ので、今回は好きな曲の中から、サカナクションの、「壁」という曲について書いていきます。

 

前も初めての方におすすめの3曲! 〜サカナクション〜という記事を書いたので、

どれだけ書きたいんだよ、と思われるかもしれません。

しかし、この記事では、おすすめをするだけで、あまり曲に触れていなかったので、

じっくり一曲について書きたいと思ったのです。

ちなみに僕は、ここ一年くらいで好きになったライト目なファンです。

曲くらいしか聴いていないので、そろそろライブとか行きたいなぁ、と思っています。

 

さて、それは置いて置き、本題に入ります。

 

「壁」について、歌詞など。

概要

2010年3月17日にビクターエンタテインメントから発売された、

「kikUUiki」という、サカナクションのアルバムに収録。

 

試聴することができます。

壁

  • サカナクション
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞

僕が覚悟を決めたのは 庭の花が咲く頃
君に話したらちょっぴり 淋しがってくれたね

今ひとつ心配な事 それは家の猫のこと
いつも僕が餌をあげていたから

冷たい風が吹く夜
いつも僕は塞ぎがちになる

冷たい雨が降る夜
いつも君がそばにいて見ててくれた気がしたんだ

僕は壁さ 立ち向かう事すら出来ぬ壁さ
隣の家の窓から見える温かそうなシチュー

いつも僕が一人で食べる夕食の味は
孤独の味がした気がするんだ

僕は壁さ
僕は壁さ

僕が覚悟を決めたのは 庭の花が咲く頃

 

サカナクション「壁」より

 

思うこと、解釈

全体的にゆったりした曲調で、曲の裏でずっと鳴っている「ポコポコ」というような感じの音と混ざって、聴いていて心地いいです。

浮遊感のような。

 

明るい感じの曲ですが、歌詞を見てみると、暗い部分が目立ちます。

冷たい、塞ぎがち、孤独…色々と暗いような表現が出てきますが、

なかでも面白いのは、「壁」という部分です。

壁というと、立ち向かう物、乗り越えていくもの、のようなイメージがありますが、

この曲では、

僕は壁さ 立ち向かう事すら出来ぬ壁さ

自分が壁となっているんです。

隣の家から見えるシチュー、1人で食べる夕食など、

ほかの歌詞と相まって、何もできないような寂しさが感じられます。

 

この壁って、いったい何を言っているんでしょうか。

覚悟を決めた、君は淋しがる、家の猫が気がかり…

どこか遠いところへ離れるような印象を受けます。

 

しかし、僕は壁なんです。しかも、家の猫、隣の家の窓、から考えると、

この壁とは、家の壁なんじゃないか?と思えます。

そこで気になってくるのが、僕は何をしているのか。

君が淋しそうにしているし、猫のことが心配。なのに僕は壁。

遠くへ行っているわけではない。むしろ近くにいる。

それなのに、夕食を1人で食べる、立ち向かうことができない。

 

ここで浮かんでくるのが、僕は〇んでしまったのでは?という考え。

覚悟を決めた、ということはおそらく自〇

 

そう考えると、ただ見ているだけなのも納得できるし、1人で食べる夕食、そして、

いつも君がそばで見てくれていたきがする、という歌詞になるのも理解できる。

〇というものについてはよくわからないし、体験できることでもないけど、

こう考えると腑に落ちる。

 

近くに居ながら、遠くにいる。

これを壁と表現するのは、面白いなと思います。

 

どうしても立ち向かうことができない。

というのは、〇んでしまって、触れ合う、会話をすることができない。

壁も、物理的、精神的に離れていて、見ていることしかできない。

そうした比喩なのかなぁ、と。

 

そして、

  • 1人でふさぎ込んでるときに、君が側にいてくれているような気がする
  • 隣の家の窓から、温かいシチューが見える
というような部分から、少し暖かい感じも受ける。
別れながらも、覚悟をしていたからかあまり淋しく感じない。別れを前向きにとられているんだなと思えた。
 
庭の花が咲くころ、覚悟を決めた。
だから花と同時に、次へと進もうとしているのかも。
 
別れは淋しいけど、側にいる、だから安心して進める。
そんな印象。
 
これは、明るい、優し気な曲だからこそ、そう思ったんだと思う。

 

 

まとめ

 

僕の好きな曲の一つ、「壁」について思ったことを書きました。

こうやって想像したりすると、曲がもっと楽しめるような気がします。

 

自分なりに想像し、それも踏まえて聴いてみると、今までとは違う印象を受けるかも。

雰囲気で聴くのもいいですし、楽しい。

だけど、こういう楽しみ方もある、ということを知ってもらえたらいいな、と思っています。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

こちらをクリックして応援して貰えると嬉しいです😆🌟✨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ