ぬかずだいありぃ

『今』できるライフハックを。 多様な記事と共に届ける。

ダンボールはNG!?本を保管する正しい方法

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:nuka___2424:20190122094241j:image

みなさん、本の保管法どうされてますか??

 

 

こんにちは、ぬかです。 

 

今回は、本の保管法、特に、本棚に収まらない本の収納についてお話します。

 

 

本棚に収まらないほど本がある方も、もちろんいると思います。

 

 

そんな時に、収まらない本はどういった様に収納されていますか??

 

もしかして、 ダンボールを使って収納していませんか

 

 

実はこれをやってしまうと、本の状態が悪くなってしまうのです!!

 

 

理由

何故かと言うと・・・

  • ダンボールは湿気に弱く、中に本を入れておくと、ダンボールが吸った湿気の影響をモロにうけてしまう!!
  • ダンボールは熱が籠りやすく、暖かいため、虫が湧いてしまう!

 

このような影響があります。

 

ちなみにこれは、長期保存をする場合の話で、一時的な保管場所としてダンボールを使う場合には、心配ありません。

 

では、長期保存をする場合、どのように保管すれば良いのでしょうか。

 

これは色々方法がありますが、自分が行っているものを紹介したいと思います。

保管方法

プラスチックのケースを使う。

 

これは、湿気、虫の問題をクリアすることができます。

 

たまに中から取り出して外気に触れさせ、乾燥させることで、痛むのを避けられます。

 

これ結構オススメです。

 

 

机の上などに置き、ブックエンドで挟む

これは、場所によりますが、なるべく日光の当たらない場所がいいですね。

 

並べると、ちょっとした本棚みたいにすることが出来るので、これもオススメです。

 

 ちなみに、あまりに安いものだと本の重みで耐えられなくなってしまうかも知れません。気をつけてください。

 

 

 

 

そして、保管する場所ですが、プラスチックのケースなどに入れる場合は、押入れなどに入れますが、ここもこまめに換気をして湿気を逃がしてくださいね。

 

 

ブックエンドの場合は、机に限らず置けそうな所で大丈夫です。

これも同じく、なるべく湿気の多いところを避けてください。

 

 

 

加えて、収納だけでなく、こまめに掃除をすることで綺麗に保つことができます。

 

たまにでいいので、本の上の誇りを落としてあげるだけでも大分違います。

 

 

さて、今回は本の保管の仕方を紹介しました。

 

今後保管をしていく上で、他にもいい方法が見つかったら、また更新したいと思います。

せっかく買った本、綺麗に保管できた方が嬉しいですもんね笑

 

 

 この記事を参考に、時間のある時に本の整理をされてはいかがでしょうか。

 

 

 

あなたの本が綺麗に保管されることを願います!